セラピストの資格を取ればやりたいが仕事になる

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

職場での信頼を得るために

男の人

ビジネスシーンで有用で、自身の能力と信頼性を高めてくれる資格は多数あります。文書作成やプレゼンなどを始め、検定を通して多彩なものを深く学べるので、検討してる方も少なくはないはず。自身の人生設計と併せ、適切なものを考えていきましょう。

もっと読む

管理に関するスキル磨き

メンズ

人材や組織の管理を行う上で大切なマネジメントスキルは、資格の取得を目指す過程で身につけることができます。さらに普段の業務の中で、常に向上を意識しながら実践を積むことによって、より強固に備わるようになるものです。

もっと読む

癒しのプロになるには

婦人

目指すための方法

癒しのプロフェッショナルであるセラピストになるためには、その種類にもよりますが、資格があると有利です。おもなセラピストの資格を取得するための方法としては、確実性を重視するならば実践のある養成学校やセミナーを受講するといった方法もありますが、他の仕事をしていたりして通う時間がないといった場合は、通信教育による資格取得講座を利用するという便利な方法があります。とくにセラピストでも民間資格の場合は通信教育で取得することも可能なケースが多く、なかなか時間がなくて忙しい人たちからは、自分の都合に合わせて学べるために注目されており、さらには養成学校などよりも基本的に安い費用で学べるというメリットもあるため、利用者も増加傾向にあります。

種類に合わせて

セラピストは種類も豊富なので、まずはどのようなセラピストになりたいのかといったことを決めてから、その資格取得のための方法を探すと良いでしょう。基本的には肉体的な癒しを与えるボディ系や心理的サポートを実施する心理系、気功やパワーといったエネルギー系の三種類に大きく分類されています。さらにそれぞれの系統でも国家資格や公的、民間といった資格が存在しており、とくに民間の資格は種類がとても豊富です。それゆえに自分のなりたいセラピストの種類と、それに必要だったり適している資格を選択することが、憧れのセラピストになるためにはもっとも近道な方法になります。またすでに別の仕事をしていても、それをさらに突き詰めたり極めるために、セラピストの資格が効果的な場合もあります。

広がる活躍の場

相談

言語聴覚士の国家試験の合格率は70%弱であり、難易度はさほど高くはありません。学校できちんと勉強していれば合格できると考えられます。高齢化が進む中で、高齢者施設や介護施設では益々言語聴覚士が必要となる為、言語聴覚士の活躍の場は増えて行くと考えられます。

もっと読む